NIVとCOVID-19

COVID‑19 情報 & リソース

Last Updated: Monday, 9 November 2020, 9:00AM (NZDT)

海外と国内の医療機関では、COVID-19患者の治療における非侵襲的陽圧換気療法(NIV)の使用に関するガイダンスが異なります。
該当する地域の協会または団体が提供するガイダンスを参照してください(以下は一部の協会、団体へのリンクです)。


NIVがCOVID-19患者に使用される場合の世界保健機関(WHO)からの主な推奨事項:

  • NIV(一般的に高炭酸ガス血症を呈する呼吸不全に使用)は、低酸素性呼吸不全の特定の患者にのみ使用されるべきです。
  • NIVで治療を受けた患者は、臨床的悪化がないか注意深くモニタリングする必要があります。
  • エアロゾル化の可能性に関する不確実性のため、NIVは感染予防対策とともに使用する必要があります。

NIVとエアロゾル化の可能性

どのNIVマスクでも、ガスと潜在的なエアロゾルが漏れる2つの主な箇所があります。それは患者とマスクの間(患者側のリーク)と、通気が必要な場合の通気孔(呼気ポート)または呼気ポート付アダプタを介している部分です(意図的なリーク)。

  • NIV療法はエアロゾルが発生しうる療法として扱うべきであり、適切なPPEを使用する必要があります。
  • 患者側のリークを減らすために、適切なサイズでフィットしたマスクを使用する必要があります。
  • 呼気ポート無マスクの使用が推奨されますが、通気が必要な場合は、患者からの呼気エアロゾルの暴露を減らすために、 呼気ポート付アダプタとフィルターを使用する必要があります(以下の様々な設定を参照)。

フィルター

NIV療法中に、エアロゾル化を低減させるフィルターを選択する際には、多くの考慮事項があります。フィルターを使用すると、空気中に放出されるエアロゾルの量を減らすことができます。しかしながら、それでもある程度のエアロゾルは、患者側の リークや接続部からのリークによって発生する可能性があります。その為、適切なPPEを引き続き使用する必要があります。

フィルターの選択に関する考慮事項には、次のものがあります:

  • 乾燥状態で使用した場合のウイルスろ過効率。
  • 湿度のある状態でのウイルスろ過効率。
  • 乾湿状態でのフィルターの空気抵抗。通常、HEPAフィルターはろ過効率が高くなりますが、空気抵抗も高くなります。

F&P Healthcare製フィルターの詳細については、以下をご覧ください .

適応外使用

これらのデバイスは使用目的に従い、医師による処方が必要です。デバイスが適応外使用される場合、ユーザーはそれがデバイスの承認された使用ではないこと、およびそれを行う責任はユーザー自身が負うことを認識してください。

NIVセットアップ


デュアル回路システム

NIVの機能があるICU人工呼吸器で使用するためのものであり、ヨーロッパではNIVを提供するために一般的に使用されます。


セットアップ1:デュアル回路システム|呼気ポート無マスク: 推奨

COVID-19患者のNIV療法に関して示されているガイダンスの大部分は、医療従事者/介護者がエアロゾルに曝されることを低減するため、デュアル回路システム(通気が不要な場合)での呼気ポート無マスクの使用を推奨しています。しかしながら、多くの地域では侵襲的換気にこれらの人工呼吸器が必要であり、シングル回路システムでNIV(専用のNIV人工呼吸器、バイレベル およびCPAPデバイス)を使用しなければならない場合があります。

 

Recommended - Non-vented mask in a dual-limb system

 


 

シングル回路システム

NIV専用人工呼吸器、バイレベルおよびCPAPデバイスは、一般的にシングル回路システムです。これらのシングル回路システムでは、CO2の蓄積を防ぐために、患者の呼気を換気する必要があります。

  • 通気マスクではなく、呼気ポート付アダプタと呼気ポート無マスクを使用する必要があります。
  • 通気マスクは、空間の汚染を悪化させる可能性があります。
  • 使用されている人工呼吸器モードで、呼気ポート無マスクと呼気ポート付アダプタの使用がサポートされていることを確認してください。
 

セットアップ:シングル回路システム|呼気ポートフィルターと呼気ポート無マスク: 推奨

  • 理想的には、噴出が少ない呼気ポートを使用する必要があります。通常、この部品には空気の巻き込みを減らすために呼気孔の周りが覆われており、拡散流を作り出す一連の小さな孔があります。
  • エアロゾルの分散を減らすために、呼気をフィルターに通すことができる呼気ポート付アダプタを使用する必要があります。
  • CO2の再呼吸を減らし、ろ過するガスの割合を最大化するため、フローに対して低抵抗のフィルターを推奨します。

 

Recommended - Non-vented mask in a single-limb system exhalation port filter

 

セットアップ3:シングル回路システム|インラインフィルターと呼気ポート無マスク: 推奨されません

いくつかのガイダンスでは、マスクと呼気ポートの間にフィルターを使用するシステムを推奨しています。このセットアップにはいくつかの大きな欠点があります。

F&P Healthcareは、空間に放出されるエアロゾルを減らすためのフィルターを取り付けられる呼気ポート付アダプタが用意できる場合は、このセットアップを推奨しません。

このセットアップを推奨しない理由は次のとおりです。

  • これは、死腔、呼吸仕事量を増やし、治療の有効性を低下させる可能性があります。
  • フィルターのフローに対する抵抗のために、トリガーと圧力伝達に影響が出る場合があります。
  • フローに対するインラインフィルターの抵抗のため、吸気流は患者に到達する前にポートから排出される可能性があります。
  • 分泌物が蓄積すると、フィルターが詰まることがあります。
  • フィルターの頻繁な交換が必要になるので、回路を開放することになり、このセットアップでは、医療従事者の感染リスクが高まります。

 

Not Recommended - Non-vented mask in a single-limb system in line filter

 

セットアップ4:NIV用に変更された呼気ポート付マスクの使用:推奨されません

COVID-19の流行により、NIVマスクなどの医療製品の需要が増加し、不足の可能性も強調されています。施設や医療従事者は、呼気ポート無NIVマスクが調達できない場合に病院でNIV療法を提供するために、呼気ポート付マスク(OSA CPAPマスクおよび病院用マスクなど)の使用に関するガイダンスを求めています。

目的の用途では、呼気ポート付CPAPマスクを病院で使用することができますが、通気構成のために環境へのエアロゾル噴出のリスクが高まります。

上記と同様に、呼気ポート付NIVマスクは同じ理由で推奨で きません。

院内用呼気ポート付マスクまたはCPAPマスクが病院でNIV療法を提供するための唯一のオプションである場合は、次のガイダンスの留意点を考慮ください。これは推奨セットアップではありません。

留意点は次のとおりです。

  • 呼気フロー/通気孔を覆うと、患者にリスクが生じる可能性があります。通気孔が塞がれている場合は、CO2を押し出すために別の通気孔が必要です。これにより、マスクの死腔が増える可能性があります。
  • 通常、呼気ポート付マスクには2つのタイプがあります:
  • NIV療法の提供で一般的に使用される院内用呼気ポート付マスク。エアロゾルの発生が問題にならない場合、 これらのマスクは通常は単一患者用です。
  • 一般的に自宅で在宅用CPAP使用患者が使用するCPAPマスクですが、多くの場合、呼吸器病棟や睡眠検査室でも使用されます。
  • CPAPマスクの呼気フロー孔は呼気ポート付NIVマスクに似ており、そこから空気をろ過することは困難です。
  • CPAPマスクを使用する場合は、適切なPPEを着用する など、NIVマスクからのエアロゾル化関する上記と同じ 予防策を講じる必要があります。
  • リークの原因は、呼気ポート付アダプタの形状である可能性があります。
  • 呼気ポート付アダプタの排気ポート上にフィルターを配置できます(下のセットアップ図を参照)。
  • ほとんどの呼気ポート付アダプタは、呼気ポート付マスクに直接接続できず、22 mm メス-22 mmメスコネクタが必要になります。
Recommended - Non-vented mask in a dual-limb system

 

セットアップ5:PEEPバルブのセットアップ:推奨されません

病院の患者にCPAPを提供する低コストの方法は、呼気ポート無NIVマスクと、フロー源もしくはエアーでフローを送りPEEPを生成することです。このセットアップの呼気はPEEPバルブが作動すると排出され、環境に放出されるエアロゾルを減らすためにフィルターが必要になる場合があります。

  • PEEPバルブセットアップにフィルターを追加する場合は、 次の点を考慮に入れる必要があります。:
  • エアロゾル化とNIV療法に関する上記の考慮事項。
  • フィルター選択に関する上記の考慮事項。
  • フィルターの詰まりを確認し、必要に応じて交換する必要があります。
  • このセットアップでフィルターを交換すると、治療が中断されます。
  • 供給される圧力は、特に高流量が使用される場合、フィルター全体の圧力降下により、PEEPバルブ設定よりも高くなります。フローフィルターに対する抵抗が高いほど、患者はより高い圧力を経験することになります。
  • このセットアップでは、特にフロー源が壁面である場合、 フィルターの閉塞により高圧が発生する可能性があるため、安全圧リリーフバルブを使用する必要があります。
  • フィルターのフローの抵抗のため、呼気時に患者が背圧を受ける場合もあります。これは呼吸仕事量に悪影響を及ぼす可能性があります。
Recommended - Non-vented mask in a dual-limb system