湿度が非常に重要です 

日々、世界中で何千人もの乳幼児が救命呼吸サポートを受けています。 この奇跡は湿度の供給によって実現します。

未成熟な気道は温度と湿度の微妙なバランスに依存した不安定なメカニズムです。 乳幼児の気道は2歳になるまでは生理的に未成熟です。 湿度を含まない呼吸ケアには以下の問題があります。

加湿治療ソリューションは、成熟した乳幼児の肺で発生する自然なバランスを再現するのに役立ちます。

この結果、貴重な乳幼児のエネルギーが自然に意図されたとおり 成長と発育のために利用されるようになります。

加湿による主な3つの利点

Benefits
 気道内の自然な保護メカニズムをサポート 
 効率的なガス交換と換気の促進 
 患者さんの快適性と治療許容度の向上 

正常な乳幼児の気道

乳幼児の呼吸システムは湿度に依存した不安定なメカニズムです。 湿度は以下の2つの主な肺機能を支援します。

気道防御

一次防御機能:

くしゃみ、咳、嘔吐などの反射作用が鼻毛や上気道による自然フィルターによって支援されます。 乳幼児の気道では、これらのメカニズムはまだ十分に発達していません。

粘膜繊毛運動 – 二次防御機能:
粘膜繊毛クリアランスの役割は、吸引した(粘液内の)不純物を捕らえ、気道外に運び出すことです。 これによって感染源から肺を守ります。 この機能の効率性は、乳幼児の年齢と吸気の温度、湿度に大きく依存しています。
詳しくは、「粘膜線毛クリアランス」を参照してください。

 

ガス交換


肺胞への空気の流れはガス交換に必要です。 温度と湿度が自然に添加されることで(吸気時にガスが気道を通過する際)、きれいで開いた気道で空気のスムーズな流れが実現します。

 

スムーズな気流は粘膜線毛クリアランスの最適化によって実現します。 これにより肺コンプライアンスが改善され、気道が冷えて生じる気管支収縮が減少します。

乳幼児の気道は成長後と比較して高い比率で粘液を産生しますが、同等に取り除く能力はありません。 これは開いた気道の維持に影響を与え、ガス交換を阻害する可能性があります。