粘膜線毛クリアランス

上下気道の上皮を覆う数百万の線毛(毛のような構造)が胞水層で振動し、汚れとともに粘液を気道外に運びます。

この保護機能の効果は、ガス交換を最適化しながら呼吸器の感染の発生を減らすために不可欠です。 これは、線毛の振動数と粘液の粘着性に依存します。言い換えれば、粘膜が含む湿度レベルに大きく影響されるということになります。

気道の表面は37°C、44mg/Lになるまで吸気に熱と湿度を与えています。この温度と湿度が低い場合には、より多くの熱と湿度が気道から奪われることになります。