トビーが健康になるまでの旅路 

トビーの誕生は早すぎました。 720gのトビーは誰の目にも弱々しく見えました。 心配そうなパパは、結婚指輪を抜いてトビーの足首のそばにそっと置きました。

最初は自発呼吸ができなかったトビーですが、専門の治療チームと最新の呼吸治療ソリューションのおかげで、60日後には無事に自分の家に帰ることができました。

最適湿度が、トビーの回復に大きな役割を果たしたのです。 トビーの旅路のあらゆる過程で、湿度は最適な治療効果、高い快適性、トビーの成長と発育の支援に役立ちました。

トビーが健康になるまでの旅路は今日の医療の奇跡です。 トビーのような何千もの小さな命が毎日世界中で呼吸補助によって救われていることは、めずらしい話ではありません。

トビーが最初に呼吸した時から、F&P小児呼吸ケア・コンティニュアム™ は、未熟で補助が必要な肺機能から自立した呼吸に移行する手助けを行ってきました。 以下はそのあらましです。

Toby's Timeline

Day 1

トビーは出生時に呼吸をしていませんでしたが、Tピース蘇生器で無事蘇生しました。 トビーの繊細な肺の保護を高めるために、正確にコントロールされた圧力が使われました。 NICUに入るとすぐ、22日間の侵襲換気の治療が始まりました。

Days 1 - 22

この侵襲換気の間、トビーの気道防御機能と換気を支えたのは最適湿度でした。 幸いトビーは両親とふれ合いながら手厚い看護を受けることができ、絆を深められるように看護師が支援しました。 トビーが自発呼吸を始めた時点で、CPAPの使用を減らし始めました。

Days 22 - 34

持続的気道陽圧(CPAP)と最適湿度の組み合わせによって、呼吸補助と肺の保護が促進されました。 12日後、トビーは鼻カニューレを通じてCPAPとネーザルハイフローの間の往復を始めました。 ついにカンガルーケアを開始することができたのです !

Days 35 - 41

ネーザルハイフロー (NHF) によってトビーのデリケートな鼻が圧迫されることはなくなりました。 まもなく、トビーは4L/分でNHFを受けながら、一般の病室に移ることができました。最適湿度と鼻カニューレの組み合わせによって、従来の方法に比べ、快適で効果的な酸素供給が行われました。

Days 42 - 60

ネーザルハイフロー(NHF)を一週間続けた後、トビーは低流量酸素治療に切り替えられました。 最適湿度の添加によって、トビーの粘膜繊毛クリアランスを適切に保つ一方で快適性が向上しました。 授乳サイクルが確立すると、元気になったトビーと両親はNICUのスタッフに感動的なさよならを告げました !

注意: この家族のプライバシーを守るため、実際の名前と画像は変更されていますが、この資料は実際に起こった出来事に基づいています。