湿度が非常に重要です 

呼吸器系は温度や湿度に依存する高度に均衡した器官です。

健康的な大人の肺は自然な温度と湿度のバランスを再現することで臨床的有効度が大幅に改善されます。 人工的な呼吸システムとF&P製品を併用する事によって、患者さんと医師に対し大きな利点がもたらされます。

肺の機能を最適に維持する治療を提供するには、正常な気道の生理的バランスを理解することが必要です。

加湿による主な3つの利点

利点
気道内の自然な防御メカニズムをサポート
効果的なガス交換と換気の促進
患者さんの快適性、治療受け入れの向上

正常な気道

正常な気道には、 効率的なガス交換の確保と気道防御の維持という、主な機能が2つあります。 最適に機能させるためには、自然なバランスを維持することが必要です。

 

2つの主な肺機能

ガス交換

肺胞への空気の流れはガス交換に必要です。 気道の自然な加温加湿機能は、粘膜繊毛運動を促進し、気道が冷えて起こる気管支収縮を減らすので、正常な開放気道を維持します。

気道防御
一次的保護機能は、くしゃみ、咳、嘔吐と、鼻毛などの自然フィルターによるものです。 二次保護機能は、粘液内に取り込まれた不純物を捕らえ、気道外に運び感染源から肺を守る粘膜繊毛運動です。 この防御機能は湿度に関連します。

加温加湿は肺機能の正常化にとって非常に重要です。