侵襲的換気

侵襲的換気は、呼吸補助の方法であり、 新生児および小児患者の自発呼吸を、気管内チューブ(ETT)などの人工気道に置き換えるものです。

新生児や乳幼児の侵襲的呼吸補助においては、加温加湿ガスを使用することが広く推奨されており、実施されています。 

健康な気道では、ガスは吸気時に上気道で加温加湿され、気道の遠位側に届く時には深度体温(37 °C、44 mg/L)で水蒸気によって飽和されます。1 

しかし、侵襲的換気では上気道を通らないため、自然の気道防御や加湿メカニズムが作用されません。  そのため、この治療を行う時にガスを加温加湿することが重要です。  1,2 

 

どうして加湿が重要なのでしょうか。 

医療用のガスは、冷たく乾燥していて (≤ 15°C、< 2% 相対湿度 )室温 (22 °C、50% 相対湿度)と異なります。冷たく乾燥したガスを気道に送気すると、水分と熱が奪われることにつながり、気道上皮の炎症や、気道損傷のリスクが高まります。 不十分な加湿は、分泌物クリアランスを害し、気道閉塞のリスクが高まります。これらの作用は早産の新生児においてはさらに大きくなり、不十分な加湿を行った数分間の換気で気道抵抗が上昇し、肺コンプライアンスが減少し、ガスリークのリスクが高まり、補助酸素供給が必要となることが明らかになっています。 1,2 

加湿に関しては、いくつかの主な利点が挙げられます。3–6 

気道内の自然な保護メカニズムをサポート 

呼吸補助時の加温加湿ガスの供給は、分泌物の移動と除去を助けます。 

エネルギーを成長と発達のために温存する    

乳幼児は成長と発達のためにエネルギーを必要とするため、温度管理はエネルギーの温存に役立ちます。

小児患者のための快適な治療

患者さんの快適性と治療の認容性を支える  

加湿は、分泌物のクリアランスと気道の乾燥防止に関係しています。呼吸補助時の十分な加湿により、患者さんの快適性と治療の認容性を高められます。 

侵襲的換気回路  

 Fisher & Paykel Healthcare Evaqua™2(エヴァクア™2) 呼吸回路は、呼気回路の壁面を通して水蒸気を拡散させることで、呼気回路内の結露を最小に抑えます。 

.