持続陽圧呼吸療法(CPAP) 

持続陽圧呼吸療法(CPAP)は、非侵襲的な呼吸補助の方法であり、自発呼吸のある患者さんの呼吸サイクルを通じて持続的に圧を与え呼吸をサポートします。
CPAPは 40 年以上にわたって臨床で使用されている、確立された治療です。1-3 

CPAPは、早産の新生児で呼吸障害、呼吸困難症状のある患者さんの日常的な挿管および侵襲的換気を置き換えるものであり4,5、非侵襲的な呼吸補助を提供する最初の方法として推奨されています。6

 

CPAP療法の仕組みとは?

CPAP療法は、加温加湿された空気と酸素の混合ガスを供給し、密閉されたインターフェースにより呼吸サイクル全体にわたって持続的な圧を生成します。7,8 

CPAP療法は、バブルCPAP、可変流量CPAP、人工呼吸器からのCPAPなど、いくつかの方法があります。バブルCPAPは、早産児や低体重児を含め、新生児にCPAP療法を行うシンプルかつ経済的な方法です。8,9

上気道を広げ、肺の拡張維持、呼気終末の肺胞虚脱防止、肺サーファクタントの保護など、持続的に拡張圧を提供することによって複数の利点を得ることができます。7

CPAP治療の主なメカニズムと利点:
 
小児患者さんの残気量

機能的残気量(FRC)を維持

CPAPは、肺容量リクルートメントを改善し、機能的残気量(FRC)の確立と維持を行うことで11,12、肺を拡張することにつながります。
 

呼吸仕事量の減少

CPAPは、呼気終末の肺容量が高まることが示されており、これにより吸気筋の負担を減らし、呼吸のために肺を広げるエネルギーを減少させることにつながります。11,13,14

小児のためのCPAP機械換気

機械的な換気の必要性を軽減

初期の呼吸補助としてCPAP単独の使用、またはサーファクタントを伴うCPAPの使用は、挿管や侵襲的換気の必要性を軽減させることに関係します。15,16
バブルCPAPジェネレータ

バブルCPAPシステム

Fisher & Paykel Healthcare は、回路、圧マニフォールド、バブルCPAPジェネレーターを含め、バブルCPAPを行うシステムを提供しています。
 

 
CPAP療法用FlexiTrunkインターフェイス

FlexiTrunk™ インターフェース

FlexiTrunk インターフェースは、鼻マスク、鼻プロング、ボンネット、ヘッドギアなどCPAPを行うのに必要な全コンポーネントが一つになった一体型ソリューションです。 
 

 
.